胃から発生する癌|日々のストレスの元凶となる更年期障害|厄介な症状への対策方法

日々のストレスの元凶となる更年期障害|厄介な症状への対策方法

胃から発生する癌

病院

胃から発生する癌の特徴

胃の粘膜から発生する癌を「胃がん」と言い、女性より男性の方が発症しやすい癌とされています。胃がんの発症は40歳以降から急速に増加し、未だ死亡率も高い癌です。早期に発見できれば高い確率で完治が可能ですが、進行した胃がんは治療が大変困難なのが現状です。胃がんの最大の特徴が、症状の有無や程度の個人差が大きいという点です。進行しても全く自覚症状が現れない人もいれば、発生初期の段階で胃痛やタール便、胸焼けといった胃がんの代表的な症状が現れる人もいるのです。これらの症状が現れても、疲れているだけだろうと放置してしまう人が非常に多いのですが、まずは胃がんを疑い早期に内科で検査を行うようにして下さい。また40歳以上の人は何の症状がなくても、年に一回は検診を受けるようにして、胃がんの早期発見を図りましょう。

胃の癌の検査方法と治療法

内科で胃がんが疑われた場合は、胃の内視鏡検査またはX線検査を行うことで確実に診断が下ります。胃がんの診断が出た場合は、癌細胞の拡がりの程度や他臓器への転移などを調べる為に、さらに胸部X線、エコー、CTなどの検査を追加して行うこともあります。胃がんの治療は、早期発見であれば外科手術による癌細胞の直接的な切除により、ほぼ確実に治癒が可能とされています。癌の進行が重度の場合は手術療法後、進行によっては手術の前に、抗がん剤による「化学療法」を併用する場合もあります。そして癌細胞が胃の周囲の肺や肝臓へ転移している、またはリンパ節などへ遠隔転移している場合には、手術療法よりも化学療法の方が主体となります。