専門の外来があります|日々のストレスの元凶となる更年期障害|厄介な症状への対策方法

日々のストレスの元凶となる更年期障害|厄介な症状への対策方法

専門の外来があります

看護師

一人で悩まない

更年期障害は、おおむね50歳前後で現れます。加齢により女性ホルモンのエストロゲンが減少し、それにともなって身体への不調が起こり始めます。対策としては、ひとりで悩まず、医療機関に相談することです。更年期障害外来など訪れ、担当医と話しをするだけでも気持ちが楽になり、症状が改善する場合があります。医療機関を受診したからといって、必ずしも薬を飲む必要はありません。更年期障害外来では、日常生活でのアドバイスも行っており、日常をゆったりと過ごすことでも改善する可能性があります。女性ホルモンのはたらきは多岐に渡っており、更年期障害は人によって症状の現れ方が違います。医療機関では個人差に応じた対策を行ってくれます。

症状が改善します

症状がひどくて生活に支障をきたすようなら、医師と相談して薬を処方してもらうのもよいでしょう。不調が楽になるので、がまんしているよりも身体のためになります。女性ホルモンを投与するホルモン治療では、処方された薬を飲んだだけで劇的に症状が改善したという事例が数多くあります。更年期障害は対策が遅れると、症状が悪化することがあります。一人で我慢したり、外出を避け家に閉じこもったりしていると、なかなか症状が改善されないことがあります。年齢を重ねるとだれでも訪れる症状ですので、対策としては女性医療に詳しい婦人科などのパートナードクターを持つこともおすすめです。さらに仕事やグループ活動の輪を広げ、本音を話せる友達づくりを行うことも効果的です。